最上川舟運文化シンポジウム
 
最上川によってもたらされた特徴ある数々の地域文化を掘り起こし、県内外の皆様へ広く発信すると共に各地域での情報交換、交流を行いながら、次の世代に美しい元気な山形を継承する取組みの一環として、平成16年より隔年で開催しています。

【開催状況】
 [16年度]テーマ「山形商人と近江商人」
 [17年度]テーマ「北前船を育てた最上川舟運」
 [18年度]テーマ「紅花文化」
 [19年度]テーマ「最上川・直江兼続」
 [21年度]テーマ「日本・ドナウ交流年2009in山形 川がもたらす文化交流」
 [23年度]テーマ「美しい元気な山形づくり」
 [25年度]テーマ「文化的景観を活かしたまちづくり」 
 [27年度]テーマ「最上川今昔話~舟運文化と流域の人びと・暮らしが教えてくれること~」 


 
舟運文化シンポジウム
2017/12/06

未来に広がる最上川229シンポジウム開催しました

| by フォーラム事務局
11月19日(日)、白鷹町文化交流センターあゆーむにて「未来に広がる最上川229シンポジウム」を開催しました。

前日からの悪天候にも関わらず、100名以上の方にお越しいただき、最上川に関わる活動展示ブースや「最上川と食」をテーマにした振舞い、ワークショップ、パネルディスカッションにご参加をいただきました。



展示ブースでは10以上の活動展示を行い、写真やパネル等で紹介をしました。
県内だけでなく、神奈川県や東京都からもお越しいただいた方もいらして、最上川の素晴らしい文化、物語に触れていただきました。

各ブースの様子です。



会場には180㎝以上もある傘福を展示。初めて見た、という方もたくさんいらっしゃいました。































酒田市の鵜渡川原人形絵付け体験の様子です。





最上川と食のブースでは、専修学校の生徒さんが作ったしょっつる鍋と田んぼアート米のおにぎりが振る舞われました。


午後からのパネルディスカッションでは「今、考える最上川と地域の交流」をテーマに、4名のパネラーをお迎えし、話し合いました。



          コーディネーター 渡部泰山氏


             パネラー 阿蘇裕矢氏


             パネラー 大場秀樹氏





            パネラー 小林美和子氏


            パネラー 今野正明氏





改めて、最上川という素晴らしい財産を再認識し、文化だけでなく、身近な存在として環境や経済活性化の部分も含めて、トータルで次の世代、特に子ども達に伝えてくにはどうしたらいいか、会場も含めて活発な意見が交わされました。
また、県外から見た最上川の魅力を県内に住む私たちも知り、発信していく取組みや、行政との連携、子ども達に伝えていくために教職員への研修が必要なのではないかなどというアイディアも出ました。
この日の交流から、明日につながる小さな芽が出たのではないでしょうか。

ご参加いただいた方のアンケートでは「最上川と人々の関係をどう作って行くかも大切」「物語が必要では」等たくさんのご意見をいただきました。
ご協力いただきました皆様、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
12:17 | 報告
2017/10/12

未来に広がる最上川229シンポジウム開催します

| by フォーラム事務局
平成16年度より、隔年開催してきた「最上川舟運文化シンポジウム」

最上川を大きなテーマに、山形県内の素晴らしい文化を掘り起こし、魅力の再発見、地域活性化等、美しく元気な山形を継承していくため、情報交換や交流を行いながら、これまで8回実施してきました。

多彩なパネラーを迎えて、開催地の特色を活かしながらの基調講演や熱のこもったパネルディスカッションを実施し、未来に向けて今自分たちができることを考えてきました。

第9回目となる今回は、前回の酒田市でのシンポジウムで生まれた県内各地の交流を軸に、最上川流域の活動紹介やワークショップ、パネルディスカッションを行います。

パネルディスカッションでは、東北芸術工科大学基盤研究教育センター 渡部泰山教授にコーディネーターをお願いし、4名のパネラーをお迎えして「今、考える最上川と地域の交流」というテーマで語っていただきます。

全長229㎞の雄大な最上川のように、このシンポジウムを通して「最上川を語り、遊び、交流を広げる」たくさんのプロジェクトが生まれて行くよう、様々な方面から最上川の魅力を発信していきます。

スタンプラリーやワークショップ、食のふるまい等楽しいイベントを用意しています(開催時間内、出入り自由です)。
参加費用などは無料、事前申込は不要です。どなたでもお越しください。

【日 時】 H29年11月19日(日)10:00~16:00
【会 場】 白鷹町文化交流センター あゆーむ
【主なスケジュール】 9:30 開場
            10:00 開会式(文化伝承室)
            10:15~13:30  最上川流域の活動を紹介するブース展示
            11:00~12:00  ワークショップ(ロビー) ※当日受付
            12:00~13:00  最上川と食の紹介
               13:30~15:30  パネルディスカッション(ホール)
            15:45 閉会式
            16:00    終了予定

詳細、パネラーの紹介等はこちらからご覧いただけます↓
最上川229シンポジウムチラシ.pdf

この事業は、アサヒビール株式会社山形支社からの寄付を活用したやまがた社会貢献基金協働助成事業により実施しています。
16:23 | 告知
2017/08/17

最上川229シンポジウムプレイベント開催しました

| by フォーラム事務局
 これまで8回にわたり開催してきた「最上川舟運文化シンポジウム」、今年は11月19日に白鷹町文化交流センターあゆーむにて行います。
 平成27年度に実施した酒田市でのシンポジウムを契機に、酒田市と白鷹町等で交流が始まり、当フォーラム地域部会、地域の方々、地域おこし協力隊のメンバー等、様々な人たちが集まって「最上川229ネットワーク」を立ち上げ、現在、シンポジウムの準備を進めています。

 シンポジウム開催について、多くの方に知っていただきたいと、8月4~6日の日程で「ヤマガタ最上川流域ミーティング~トクベツな夏休みを過ごしませんか?~」「”ど”田舎の楽校~川の教室~」の2つのプレイベントを行いました。
 ヤマガタ最上川流域ミーティングでは、白鷹町地域おこし協力隊小野寺さんを中心に、その時々で集まった人たちが自分たちで何をするか話し合いながら、山小屋での時間を過ごしました。朝日町から仕事の後参加いただいた方や、葉山登山に行かれる方、地域の方などが美味しいものを食べながら情報交換していました。

 5日のワークショップには、写真家の山本やす子さんをお迎えし、最上川流域、田んぼアート、蓮池等を巡りながら、川を始めとする地域の魅力とその伝え方、つかみ方などを楽しく学びました。同じ景色を見ていても、一人ひとり違った捉え方をしていて、大変面白く、勉強になりました。




           参加者の方が撮った作品です
























 夏と言えば!「スイカ」「キュウリ」「流しそうめん」!ということで、お昼は全員で流しそうめんづくり。みんなワイワイ!賑やかに笑顔溢れる一日になりました。





 今後のイベントについては、「最上川229ネットワーク」のホームページでもご覧いただけます↓
https://m229net4.wixsite.com/mogami229
10:01 | 報告
美しい山形・最上川フォーラム事務局
〒990-0041 山形市緑町1-9-30(緑町会館)
TEL 023-666-3737 FAX 023-666-3738