ゴミ拾いはスポーツだ!スポGOMI大会
 
スポーツGOMI拾いは、海岸漂着物の現状を広く啓発するため、企業や団体が取り組む従来型のゴミ拾いに「スポーツ」のエッセンスを加え、今までの社会奉仕活動を「競技」へと変換させた日本発祥の全く新しいスポーツです。
予め定められたエリアで、制限時間内にチームワークでゴミを拾い、ゴミの量と質でポイントを競い合うスポーツです。どなたでも気軽に楽しく参加できます。フォーラムでは、平成27年度よりスポーツGOMI拾い山形支部を立ち上げ、大会の企画・運営、開催を希望する方へのサポートを行っています。参加希望・開催希望の方はお気軽にフォーラム事務局までお問い合わせください。


 

2018/09/03

ゴミ拾いはスポーツだサンセット由良・サンライズ湯野浜大会報告

| by フォーラム事務局
 9月1日~2日にかけて、夕方からのサンセット由良大会と湯野浜海水浴場で早朝のサンライズ湯野浜大会、初の連続スポGOMIを鶴岡市にて開催しました。





 1日はお昼まで雨が降っていましたが、準備を始める頃には止んで海辺を散策する方や愛犬の散歩の方など、いつもの光景が見られました。

 雨の影響で、海岸にはゴミが大量に流れ着いており、1日は約190kg、2日はなんと18名で約340kgものゴミを拾いました。


リコージャパン株式会社の皆様、初のスポGOMI参加ありがとうございました。




夏休みの自由研究テーマが「マイクロプラスチック」だったということで、小さなゴミをたくさん探してくれました。

 今回の大会では、初のマイクロプラスチックルールを導入し、レジンペレットとプラスチック由来の破片ゴミを高得点にしました。


よく見ると砂の表面からたくさんのレジンペレットが見つかります。
 
 5年後には海の魚の重量よりもマイクロプラスチックの方が上回ってしまうと言われています。参加者の皆さんに実際の大きさを感じてもらおうと小さなゴミも拾っていただきました。

 1日のサンセット由良大会には、地元由良地区チーム、リコージャパン株式会社チーム、理研チーム、ファミリー等42名の方に参加をいただき、刻々と変わる夕陽を浴びながら暗くなるまでゴミを集めてもらいました。







 翌朝の湯野浜は涼しいくらいの気温で、競技中にだんだんと暖かな朝日が差し始め、とても気持ちのいい時間となりました。













 ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


由良大会に参加いただいた皆様にお渡しした海鮮レディース開発の「八乙女うどん」。
地元の家庭では出汁に使われる小鯛を麺に練り込み、茹で汁もそのまま食べられるようにしているそうです。パッケージの夕陽も美しいドラマチックな賞品となりました。

16:42 | 報告事項
過去の記事
 
美しい山形・最上川フォーラム事務局
〒990-0041 山形市緑町1-9-30(緑町会館)
TEL 023-666-3737 FAX 023-666-3738