最上川舟運文化シンポジウム
 
最上川によってもたらされた特徴ある数々の地域文化を掘り起こし、県内外の皆様へ広く発信すると共に各地域での情報交換、交流を行いながら、次の世代に美しい元気な山形を継承する取組みの一環として、平成16年より隔年で開催しています。

【開催状況】
 [16年度]テーマ「山形商人と近江商人」
 [17年度]テーマ「北前船を育てた最上川舟運」
 [18年度]テーマ「紅花文化」
 [19年度]テーマ「最上川・直江兼続」
 [21年度]テーマ「日本・ドナウ交流年2009in山形 川がもたらす文化交流」
 [23年度]テーマ「美しい元気な山形づくり」
 [25年度]テーマ「文化的景観を活かしたまちづくり」 
 [27年度]テーマ「最上川今昔話~舟運文化と流域の人びと・暮らしが教えてくれること~」 


 
舟運文化シンポジウム >> 記事詳細

2017/08/17

最上川229シンポジウムプレイベント開催しました

| by フォーラム事務局
 これまで8回にわたり開催してきた「最上川舟運文化シンポジウム」、今年は11月19日に白鷹町文化交流センターあゆーむにて行います。
 平成27年度に実施した酒田市でのシンポジウムを契機に、酒田市と白鷹町等で交流が始まり、当フォーラム地域部会、地域の方々、地域おこし協力隊のメンバー等、様々な人たちが集まって「最上川229ネットワーク」を立ち上げ、現在、シンポジウムの準備を進めています。

 シンポジウム開催について、多くの方に知っていただきたいと、8月4~6日の日程で「ヤマガタ最上川流域ミーティング~トクベツな夏休みを過ごしませんか?~」「”ど”田舎の楽校~川の教室~」の2つのプレイベントを行いました。
 ヤマガタ最上川流域ミーティングでは、白鷹町地域おこし協力隊小野寺さんを中心に、その時々で集まった人たちが自分たちで何をするか話し合いながら、山小屋での時間を過ごしました。朝日町から仕事の後参加いただいた方や、葉山登山に行かれる方、地域の方などが美味しいものを食べながら情報交換していました。

 5日のワークショップには、写真家の山本やす子さんをお迎えし、最上川流域、田んぼアート、蓮池等を巡りながら、川を始めとする地域の魅力とその伝え方、つかみ方などを楽しく学びました。同じ景色を見ていても、一人ひとり違った捉え方をしていて、大変面白く、勉強になりました。




           参加者の方が撮った作品です
























 夏と言えば!「スイカ」「キュウリ」「流しそうめん」!ということで、お昼は全員で流しそうめんづくり。みんなワイワイ!賑やかに笑顔溢れる一日になりました。





 今後のイベントについては、「最上川229ネットワーク」のホームページでもご覧いただけます↓
https://m229net4.wixsite.com/mogami229
10:01 | 報告
美しい山形・最上川フォーラム事務局
〒990-0041 山形市緑町1-9-30(緑町会館)
TEL 023-666-3737 FAX 023-666-3738