ゴミ拾いはスポーツだ!スポGOMI大会
 
スポーツGOMI拾いは、海岸漂着物の現状を広く啓発するため、企業や団体が取り組む従来型のゴミ拾いに「スポーツ」のエッセンスを加え、今までの社会奉仕活動を「競技」へと変換させた日本発祥の全く新しいスポーツです。
予め定められたエリアで、制限時間内にチームワークでゴミを拾い、ゴミの量と質でポイントを競い合うスポーツです。どなたでも気軽に楽しく参加できます。フォーラムでは、平成27年度よりスポーツGOMI拾い山形支部を立ち上げ、大会の企画・運営、開催を希望する方へのサポートを行っています。参加希望・開催希望の方はお気軽にフォーラム事務局までお問い合わせください。


 

2017/11/22

スポGOMI天童中部小学校大会開催しました

| by フォーラム事務局
前々日から雪の予報となってしまった天童中部小学校大会。
当日の朝も雪模様でしたが、皆さんの熱い気持ちが届いたのか、開会式頃にはお日様が顔を出し、100名以上の親子チームが元気にスタートを切りました。





山形のスポGOMI大会では、初の学年行事として、最終学年の皆様に取り入れていただき、事務局も熱い思いを持って準備にあたらせていただきました。

天童市の中心部にある学校で、周りには大型スーパーや市役所、美術館、公園などがあります。
当日ご参加いただいたご父兄の方から「前日子どもとどのあたりにゴミがあるのだろうか」と家でも話をしたとお聞きしました。
スタート前の作戦タイムでも、各チーム真剣な様子で、「このあたりでゴミを見たよ」「いつも遊ぶ公園の方にゴミが落ちているよ」など話し合っていました。







今回は、環境や地域にも関心を高めていただきたいと、エリアの中に10問のクイズも入れました。
天童と言えば、将棋の駒や舞鶴山。素晴らしい文化がたくさんあります。
皆さん、歩きながら再発見してくださったでしょうか。





いつ雪が舞っても不思議ではないくらい寒い中、皆さん時間ギリギリまで頑張って回ってきた様子が、ゴール地点での笑顔に表れていました。
計量器の数字を興味津々で見ているキラキラした目や、チームごとに集めたものについて話している様子が印象的でした。

ゴールした後は、ご父兄の方々の用意してくれた熱々の飲み物とおにぎりをいただき、いよいよ結果発表。
最初にクラスの名前が呼ばれると、その度に緊張した様子が。
4クラスそれぞれに入賞チームが入るという、素晴らしい結果になりました。



最後に、学年主任の佐藤先生から子ども達に送られた言葉も、心に響き、いつまでも残るものでした。
ご協力いただいたご父兄の皆様、先生、天童中部小学校様、大変お世話になりました。





スポGOMIは、皆の力を合わせて、初めて実現できるものです。
今年もあと1大会。一人一人ができることは小さなことですが、力を合わせれば大きな動きになります。
皆様のご参加、お待ちしています。

最後に、後日先生からいただいたメールの中から1文紹介させていただきます。
「月曜日に登校した子ども達は、教室で友達とスポGOMIの話をしていました。当日用事があって参加できなかった子どもも、「やりたかったなぁ」と言っていました。暖かくなってどこかでスポGOMIがあったら、友達と一緒に参加したいという子どももいました。
片づけられる前に、自分たちが集めたゴミを見に行った子もいます。楽しかっただけでなく、自分たちがやったことに誇りのようなものを持てたのではないかと思います。」








11:03 | 報告
美しい山形・最上川フォーラム事務局
〒990-0041 山形市緑町1-9-30(緑町会館)
TEL 023-666-3737 FAX 023-666-3738