ゴミ拾いはスポーツだ!スポGOMI大会
 
スポーツGOMI拾いは、海岸漂着物の現状を広く啓発するため、企業や団体が取り組む従来型のゴミ拾いに「スポーツ」のエッセンスを加え、今までの社会奉仕活動を「競技」へと変換させた日本発祥の全く新しいスポーツです。
予め定められたエリアで、制限時間内にチームワークでゴミを拾い、ゴミの量と質でポイントを競い合うスポーツです。どなたでも気軽に楽しく参加できます。フォーラムでは、平成27年度よりスポーツGOMI拾い山形支部を立ち上げ、大会の企画・運営、開催を希望する方へのサポートを行っています。参加希望・開催希望の方はお気軽にフォーラム事務局までお問い合わせください。


 

2018/08/21

スポGOMI in蚕桑開催しました

| by フォーラム事務局
 8月19日、夏休み最終日に白鷹町蚕桑地区子ども会育成会で、早朝に自分たちの地域をきれいにし、地域を知る活動として、初めてスポGOMI大会に取り組んでくださいました。
 朝早い時間にも関わらず、9チーム37名の親子が参加してくれました。
 皆で集合した後、チーム名を決め、どのあたりに行こうか作戦を立てて団結力を強化。
 力強い選手宣誓に続き、ラジオ体操をして体をほぐしました。





 蚕桑地区は小学校の周りに美しい田んぼが広がる地域ですが、参加した子ども達はさすが、学区内のことはとてもよくわかっていて、道路の脇などのごみのありそうなところからタバコやペットボトル、空き缶などを拾っていました。





 45分の競技時間で皆であつめたごみは約22kg。中にはトタン板などの大きなゴミもありました。
 クリーンアップ活動にも協力いただき、ゴミをカウントしてみたところ、タバコのすいがらやフィルターが454個、食品のポリ袋(菓子袋など)92個、プラスチックの破片が88個でした。

 集計時間位は、白鷹町地域おこし協力隊の石井紀子さんによる「レジ袋のベンリーくん」の紙芝居を上演。川から海に出て行くごみの話を聞いてもらいました。



 気になる集計結果は、なんと1位が同ポイント。じゃんけんでの順位決定戦を行いました。





 当日は、20名以上の方から、子ども達の安全を見守っていただきました。
朝早くからご協力いただきた皆様、参加して下さった皆様、ありがとうございました。
 
 参加賞はおにぎり!活動後のご飯はいつにも増して美味しい味がしました。


17:17
過去の記事
 
美しい山形・最上川フォーラム事務局
〒990-0041 山形市緑町1-9-30(緑町会館)
TEL 023-666-3737 FAX 023-666-3738