最上川フォーラムイメージ画像
 
HOME最新情報お知らせ最上川フォーラムとは入会案内サイトマップお問い合せ
 
海岸漂着物回収体験プログラム
 
 「海岸漂着物回収体験」は、マイクロプラスチックやレジンペレット等、環境に影響を与えている、小さなゴミの回収の大変さを目で見て触れて体験していただくためのプログラムです。環境に関するクイズや紙芝居等を組み合わせ、スポGOMI大会や、環境に関するイベント等の会場で実施しています。
 回収体験は、美しい山形・最上川フォーラムオリジナルプログラムです。体験してみたい、プログラムを実施してみたいという方は、当団体までお問合せください。
 

 
海岸漂着物回収体験プログラム
12
2021/08/11

【開催中止】ラフティング体験&環境講座

| by フォーラム事務局
  近代まで交通の要だった最上川。
ラフトボートに乗って川を下りながら、最上川の歴史や文化、環境について触れよう!

 日時:9月12日(日) 午前の部8:30~、午後の部11:30~
 ※ラフティング体験前後に、環境問題に関する説明と展示があります。
 場所:白鷹町 睦橋高架下
 定員:各回20名 ※高校生以上 先着順
 参加にあたっては、注意事項があります。
 詳細、申し込み方法はこちらから→
ラフティングと環境講座チラシ.pdf
 
 この事業は、令和3年度やまがた社会貢献基金協働助成事業を活用して実施します。

09:32 | 連絡事項
2021/08/09

自由研究におススメ!YouTube公開しています

| by フォーラム事務局
 今年は、夏休みの課題のテーマに「海洋ごみ問題」「マイクロプラスチック問題」を選ぶお子さんが多く、お問合せもいただいています。

 自由研究などのヒントになればと、マイクロプラスチックについてわかりやすくまとめた動画を制作しました。
 
 海水浴シーズン。皆さんが気持ちよく過ごせるように、海水浴場では大変な努力をされています。拾ってもまた流れ着くプラスチックたち。これ以上増やさないためにできること、一緒に考えて行きましょう。


https://www.youtube.com/playlist?list=PLIBMrxjWYBgyEEFYRnoHxHWCoCc0MZo-3
21:54 | 連絡事項
2021/07/07

No Pla Action始まっています!

| by フォーラム事務局
 映画「マイクロプラスチックストーリー ~ぼくらが作る2050年~」の鑑賞に足を運んでくれた小学生たちのアクション。



 
 No Pla=ノー プラスチック アクション」では、シングルユースのカトラリーを減らすために、マルシェの店舗や来場者に、繰り返し使えるマイカトラリーを作ってもらおうというワークショップを始めました。
 「きれいな海を取り戻したいね」という想いを好きなスタンプに込めて、ペタペタ。マスキングテープやシールでデコると、小学生のみんなが折り紙ケースの作り方を教えてくれます。

 カトラリーは何度も使えるように、仕上げにオイルを。









 

 美しい山形・最上川フォーラムは子どもたちのアクションとコラボで、海や川のゴミ標本、ゴミの現状の展示を行っています。
 毎月第3土曜日のみはらしクラフトミュージアム、第4日曜日の宮城オーガニックマーケットでアクションスタートしています。
 来場される方には、エコバッグ、マイ皿やマイパックもご持参いただき、カトラリーはぜひワークショップで体験してみていただきたいです。
※イベントにご参加の皆様はそれぞれのページで開催状況を確認ください。




08:21 | 連絡事項
2021/06/03

拾い箱プロジェクトに参加しました

| by フォーラム事務局
 5月22日山形市、30日天童市で行われた「拾い箱プロジェクト」に参加させていただき、皆様とゴミ拾いを行いました。

 山形市のセブンイレブン十日町4丁目店さんに設置されていた「ゴミ拾いをして拾ったゴミを自由に捨てられる拾い箱」には、分別したゴミが集まっていました。







 22日はボランティアの皆さんと周辺のゴミを回収、終了後は、「きれいな海を守りたい!」という願いを込めて、皆さんに絵を描いていただきました。







 また、30日に行われたモンテディオ山形対SC相模戦でもプロジェクトを実施。
多くの方にゴミを集めていただきました。







 集まったゴミは約1,320ℓ。たくさんのゴミを回収することができました。
 拾い箱は、夏の庄内まで一旦お休みです。
14:42 | 報告事項
2021/06/03

銀山温泉女将会の皆様と清掃活動を行いました

| by フォーラム事務局
 4月26日、銀山温泉女将会、JT山形支店の皆様が実施された温泉街一帯の清掃活動に参加をさせていただきました。





 ゴミ回収後は、海と日本プロジェクトinやまがたの一環として、拾ったゴミと山形の海ゴミを見比べてもらい、海ゴミの現状をお伝えしました。



 温泉街はほとんどゴミがなく、風で飛んだものや、車を停車した際に落ちたような小さな欠片やビニールが少しでしたが、道路の下にはポイ捨てされたと思われる缶などがありました。

 小さな欠片たちも、自然には還らないプラスチックがほとんどです。マナーを守っていただくこと、ゴミを減らす仕組みを考えていくことが大切です。



 ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
14:35
2020/12/23

マイクロプラスチック、海岸漂着物回収体験資材貸し出しします

| by フォーラム事務局
 マイクロプラスチック(環境中の微小なプラスチック)や海岸漂着物問題を身近な生活から一緒に考えてみませんか?

 回収体験や啓発パネル、紙芝居を通して海岸漂着物問題に触れる時間を作ってみませんか。

 取組みに必要な道具や海や川のごみ標本等をお貸しします。また、実施方法や内容については、事前に訪問またはオンラインで説明を行います。

貸し出し資材 
  「マイクロファイバー見つけよう、ぐるぐる洗濯体験セット」
 洗濯の際に出るマイクロファイバーを見てみましょう。


「海岸漂着物問題啓発資料とマイクロプラスチック回収体験セット」

山形の海ゴミを見たり拾ったりしてみましょう。

 

申し込み方法

   電話、メール、ファックスで「希望日」「希望する資材」をご連絡ください。

   事前に内容を担当の方へ説明し、貸し出し資材や当日の説明について相談して決めます。

   当日までに道具をお届けします。

新型コロナウィルス感染拡大防止対策を取りながら実施してください。

除菌シートやマスク等は各自でご準備下さい。

実施にかかる経費はありません。

詳細はこちらをご覧ください↓
海岸漂着物問題啓発問題貸し出しチラシ.pdf

この事業は、テルス株式会社のご寄付を活用し、やまがた社会貢献基金協働助成事業で実施します。


19:59 | 連絡事項
2020/09/20

モンテディオ山形ゲーム実施に合わせて啓発ブースに出展しました

| by フォーラム事務局



 9月2日、9日、19日、モンテディオ山形ホームゲームに合わせて、海と日本プロジェクトブースにて海岸漂着物の展示やマイクロプラスチック回収体験を行いました。

 ブースにお立ち寄りいただいた方には特製クリアファイルと一緒に、海と日本プロジェクトごみ袋をお渡しして、ゴミの削減にご協力いただきました。
 ごみゼロの環境を目指しながらモンテディオ山形を応援!ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。




09:11 | 報告事項
2020/09/20

やまがたの海ごみを考えるⅡ終了しました

| by フォーラム事務局
 9月6日、山形市で「やまがたの海ごみを考えるⅡ」が開催されました。
 ドキュメンタリー映画の上映と、県内で環境問題に取り組む企業、大学生等によるトークセッション、ごみ拾いでつながるSNS「ピリカ」を使った体験ごみ拾いを実施しました。

 
    


 ごみを拾った際に写真を投稿すると、拾ったごみがカウントされ、国内外の方から「ありがとう」やメッセージが来ることもあり、継続が楽しくなるアプリ、ピリカ。

 一人ひとりの”継続は力なり”が大きな力となっていきます。山形県の特設ページから県内のカウント数も見られます。皆様もぜひご登録ください。


 また、当日は七日町のコミュニティスペースPinusにて海岸漂着物の展示も行いました。


 昨年度の酒田市に続いて、今年は内陸から海ごみ、環境について考えるひと時をご参加の皆様と過ごすことができました。

 


09:09
2020/08/26

身近なゴミから環境を考える活動に取り組みませんか?

| by フォーラム事務局
【海岸漂着物問題啓発資材の貸し出しや出張説明、スポGOMIのサポートを行います】

 マイクロプラスチック問題(環境中の微小なプラスチック)や使い捨て容器のこと、レジ袋の有料化の背景などから海ゴミの現状を知り、一人ひとりができること、みんなでできることを一緒に考えてみましょう。

 学年やクラス、社内等でスポGOMIや回収体験を通して海岸漂着物問題に触れる時間を作ってみませんか。取り組みに必要な道具や海、川のゴミ標本等をお貸しします。
 また、実施方法やゴミの現状の説明等は、オンラインや事前に出向いての説明を行います。

 詳細は下記の案内をご覧ください。
ボランティア募集内容.pdf
15:27 | 連絡事項
2020/08/26

凸凹英語の皆さんと「世界を美しくすること」についてお話をしました

| by フォーラム事務局
 山形市内のデコボコ英語の皆さんに呼んでいただき、みんなが特に気になっていたプラスチックゴミや海岸漂着物の現状のお話とゲームをしたり、一緒に外にゴミ拾いに出かけました。




外でのごみ拾いでは、植え込みの中の隠れたビンカンや、歩道の横に捨てられていたタバコにびっくり。分別ボックスを作ってくれていたチームの皆さんに報告をしました。



どんなところにどんなゴミが多かったのか、分別しながらみんなで話し合いました。




          分別ゲームでシミュレーション

How can we make the world more beautiful?

世界を美しくするために私たちにできること。
子どもたちから最初に出て来たのがゴミのことだったそうです。
ゴミがなぜ海にたくさんあるの?地球を守りたいのにどうしてゴミは減らないの?
自然を壊して生き物たちの住み場を減らすのはなぜ?
ゴミのことは暮らしのこと、生きること、考えることはたくさんあります。
私たちも一緒に考えていきます。

Thank you so much,dekoboko friends‼︎


美しい山形・最上川フォーラムでは、海岸漂着物の話や見本、パネルなど資材の貸し出し、スポGOMI大会開催のサポートなどを行なっています。
オンラインでも可能です。お気軽にお問い合わせください。

http://www.mogamigawa.gr.jp

#スポgomi#デコボコ英語#dekobokoeigo

15:07
12
美しい山形・最上川フォーラム事務局
〒990-0041 山形市緑町1-9-30(緑町会館)
TEL 023-666-3737 FAX 023-666-3738