美しいやまがたクリーンアップ・キャンペーン
 
◆ 美しい山形、最上川、そして地球を未来に引き継ぐために ◆

  河川や海岸など、水辺に散乱するゴミは、単に景観を損ねるだけではありません。
  現在、これらのゴミの大半はプラスチック系のもので占められるようになっています。 プラスチックは簡単には分解しません。長い時間をかけて漂流するうちに細かく砕け、海洋汚染や生態系に悪影響を及ぼす重大な地球(海洋)環境問題となっています。
   美しい山形・最上川フォーラムでは、美しい山形、そして最上川をはじめとした県内河川や海岸を未来に引き継ぐために、このクリーンアップキャンペーンを通じて、
1.どこに、どんなゴミが、どれくらいあるのかを知ることから始め、
2.何が原因となっているのかをみんなで考え、
3.ゴミを減らし、捨てさせない意識改革と社会の仕組みづくりに結び付けていきたいと考えます。

◆ いつでも、どこでも、誰でも、気軽に参加できるクリーンアップ活動 ◆

水辺で行う清掃活動において、散乱ゴミの実態をデータカード(調査記録用紙)に記入し、美しい山形・最上川フォーラムに提出していただくだけです。

個人やグループ、学校、職場、地域団体にいたるまで、3人以上集まれば「いつでも、どこでも、誰でも、気軽に」できる活動です。 

具体的な方法は、3人ぐらいで一組になって、1人が記録係となり、他の人は拾ったゴミの種類と数を記録係に伝えながら、ゴミ袋に回収していきます。記録係の人は、回収されたゴミの種類と数を記入していきます。


≪注意事項≫
重いものは無理して運ばない。
鋭利なものに気をつける。
中身の分からない容器は開けない。
見通しの悪い場所や足元が不安定な場所には近づかない。
必ず手袋をするか、ゴミバサミを使う。
サンダル履きはだめ。
帽子や飲み物を準備しておく。 

  

◇調査データの活用
 キャンペーン期間は毎年、原則として9月~10月です。参加者から集められた調査結果は、クリーンアップ全国事務局を通じて、全国レベル、国際レベルの研究データとしても活用されます。




 

2020/04/21

調査報告と2020年度水辺のごみ調査募集開始のお知らせ

| by フォーラム事務局
 令和元年度の美しいやまがたクリーンアップキャンペーンには、県内52団体、1,130名の方にご協力をいただきました。
 調査結果は下記リンクよりご覧いただけます。

http://www.mogamigawa.gr.jp/seiryu/yamagata-cleanup/report2019/

 皆様のお近くの地域と比べてどうだったでしょうか。ご協力いただくグループの調査地点により年度ごとに違いはありますが、上流と海岸近くのゴミの内訳、ゴミの発生源となっている物から、「ごみはどこから来るのか」「一人ひとりができることは」と考えたり、ご家庭でお子さんと話し合う時間を持つなど、「ゴミを拾うことから減らすことへ」みんなでもっと繋げていきましょう。

 また、クリーンアップキャンペーンのカウント項目の中に、全国川ごみネットワークで実施している「水辺のごみ見っけ!」の調査項目も含まれております。全国の水辺で、「飲料ペットボトル」「レジ袋」「カップ型飲料容器」の3種類の全国集計がご覧いただけます。

https://kawagomi.jp/2020/03/19mikke_kekka/

 川沿いの地点を見て行くと、河川約6mに1本のペットボトル、レジ袋は約15mに1枚、カップ型飲料容器120mに1個見つかる計算となります。

 県内の河川沿いでも、例年雪解け時期に流れ出るゴミが引っかかっていたり、昨年は台風の後には大量のビニールゴミが流れていました。

 今年も11月30日までを調査機関として「全国水辺のごみ調査」が始まっています。
ウォーキングやジョギング等の際に、お近くの水辺環境を見てみてはいかがでしょうか。
 カウントしていただくのは、昨年と同じ3項目ですが、今年からペットボトルのみの調査も対象となっています。
 
 参加方法は下記よりご覧いただけます。また、美しい山形最上川フォーラムでも受付けています。

 https://kawagomi.jp/mikke/

 詳細は全国川ごみネットワーク、美しい山形最上川フォーラムまでお問合せください。

09:48 | 告知
美しい山形・最上川フォーラム事務局
〒990-0041 山形市緑町1-9-30(緑町会館)
TEL 023-666-3737 FAX 023-666-3738