その他のお知らせ

山形信用金庫様よりご寄付をいただきました

 山形信用金庫様では、令和5年11月~令和6年3月までの期間で「西川町包括連携協定締結記念 3金庫(山形信用金庫・宮城第一信用金庫・鶴岡信用金庫)共同企画 SDGs懸賞付定期預金」を販売されました。

SDGsへの取り組みのひとつとして、当フォーラムに活動費用として10万円をご寄付いただきました。  

 

 

6月13日に贈呈式が行われ、当会長柴田洋雄が目録をいただきました。

 

山口理事長様からは、「環境保全も含めて、母なる最上川に関する活動をこれからも継続して行って欲しい」とのお言葉をいただきました。  

 

 

 

いただいたご寄付は、皆様との活動の一部に活用させていただきます。

令和6年度(第23回)通常総会の開催について

美しい山形・最上川フォーラム令和6年度(第23回)通常総会について


 当フォーラムの活動につきましては、日頃格別の御理解と御協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、令和6年度通常総会を下記により開催しますので、ぜひ御参加下さいますよう御案内申し上げます。         

日時    令和6年6月28日(金)13:30~15:00 (予定)
場所 山形県村山総合支庁本庁舎 2階 講堂(山形市鉄砲町2-19-68)   
議題 
 第1号議案 令和5年度事業報告及び収支決算(案)について
 第2号議案 令和6年度事業計画及び収支予算(案)について
 第3号議案 規約の改正(案)について
 その他

会員の皆様には御案内を郵送いたしております。

※議案書につきましては、下記より御覧くださいますようお願いいたします。

  00 表紙.pdf

  01 【第1号議案-1】 令和5年度事業報告.pdf

  01-1 (別紙1) 令和5年度スポGOMI大会実施結果.pdf

  01-2 (別紙2) 令和5年度海岸漂着物問題啓発出前講座実施結果.pdf

  01-3 (別紙3) 令和5年度海岸漂着物啓発事業実施結果.pdf

  01-4 別添写真展チラシ2024.pdf

  01-5 別添 【概要版】令和5年度水辺診断書で見た河川水質マップ.pdf

  02 【第1号議案-2】 令和5年収支決算(案).pdf

  02-2 監査報告書.PDF

  03 【第2号議案-1】 令和6年度事業計画(案).pdf

  03-1 (別紙1) 令和6年度スポGOMI大会実施予定(2024.05.28).pdf

  03-2 (別紙2) 令和6年度海岸漂着物問題啓発出前講座実施予定(2024.6.7).pdf

  03-3 (別紙3) 令和6年度海岸漂着物啓発事業実施予定(2024.05.24).pdf

  03-4 別紙 身近な川や水辺の健康診断募集チラシ.pdf

  03-5 別添配布資料スポGOMI@山形大学.pdf

  03-6 別紙 クリーンアップキャンペーンチラシ.pdf

  04 【第2号議案-2】 令和6年度収支予算(案).pdf

  05 【第3号議案】 規約の改正(案)について.pdf

  フォーラム規約.pdf

参加者募集 第12回美しい地球環境講座

第12回 美しい地球環境講座開催のお知らせ

 

テーマ:「 気候変動に適応した食のサプライチェーンの実現に向けて 」

日 時:2024 年 6月15 日 (土)10:00 ~ 11:30

開催方法:ハイブリット開催 (参加費無料)※下記会場対面式とオンライン配信

会 場 : 40名/オンライン : 100名

場 所:トークネットホール仙台 (仙台市民会館) 第 5 会議室  (宮城県仙台市青葉区桜ケ岡公園4-1)

講 師:講師 : 松八重 一代 (東北大学大学院環境科学研究科 教授)

申込方法:以下の URL もしくはQRコードの Google フォームに必要事項を記入しお申込み下さい。 https://forms.gle/pH9GjfsNEVpF9ZDdA  

 

 食は人間の活動の根源であり、 食料消費無しに人間活動はあり得ません。 しかしながら温暖化をはじめ、 激変する地球環境は食料生産を含め経済活動に時に大きな打撃を与え、 さらに地域社会においては食料供給を支える自然資本を十分に保全できていない実態があります。 現在、我々のプロジェクトでは、美食地政学の概念に基づき、食資源の源である地域の自然資本を守りながら、 経済的に存立可能な地域のグリーンジョブを創出することで、 活 気のある豊かな地域経済の実現を目指しています。 本講演では、 気候変動に適応した食のサプライチェーン実現に向け、 何が課題となっているのか、 その解決に向けた取り組みについて紹介します。

 

共同主催 : ( 一財 ) 山形県理化学分析センター、 特定非営利活動法人 環境生態工学研究所 (E-TEC)

会場にご来場の方限定で、 希望者には環境活動への参加を証明する「BEFORE CARD」 を配布いたします。 詳細は E-TEC の HP 参照。

美しい環境2406.pdf

第51回合同部会開催のお知らせ

美しい山形・最上川フォーラム第51回清流・環境対策部会及び
最上川文化・地域経済活性化部会の合同部会の開催について

 

  当フォーラムの活動に日ごろ格別の御理解と御協力を賜っておりますことにつきまして、

厚くお礼申し上げます。

 さて、標記部会を下記により開催いたしますので、御案内申し上げます。
              

               記

  
1 日時  令和6年3月29日(金)13:00~14:15

2 場所  緑町会館 601会議室(山形市緑町1-9-30)    

3 議題(予定)

(1)令和5年度事業実施状況報告について

(2)令和6年度事業計画(暫定)について

(3)その他


御案内の詳細と出席の御連絡につきましては、

下記のPDFを御覧くださいますようお願いいたします。

  ↓↓

 第51回部会開催のご案内.pdf

【ご案内】第11回美しい地球環境講座

第11回美しい地球環境講座

テーマ:「 元気な山形づくりを目指して 」

日 時:2024 年 3月16 日(土)10:00 ~ 11:30

講 師:柴田 洋雄 (美しい山形 ・ 最上川フォーラム会長)


開催方法:ハイブリット開催 (参加費無料)

会 場:40名 ※下記会場対面式とオンライン配信

オンライン:100名 

開催場所:(一財) 山形県理化学分析センター 

申込方法:以下の URL もしくはQRコードの Google フォームに 必要事項を記入しお申込み下さい。

https://forms.gle/pH9GjfsNEVpF9ZDdA

※会場にご来場の方限定で、 希望者には環境活動への参加を証明する 「BEFORE CARD」 を配布いたします。

 詳細は E-TEC の HP 参照。

お問い合わせ:〒984-0051 仙台市若林区新寺一丁目 5-26-104 特定非営利活動法人環境生態工学研究所
TEL: 022-293-2281
FAX: 022-349-9574
Mail: e-tec@world.ocn.ne.jp

講師紹介:東北大学大学院卒業後、 山形大学人文学部教授を経て山形大学理事 ・ 副学長を歴任。 専門は理論経済学、 地 域経済学。 山形大学名誉教授。  

山形は周囲を高山に囲まれており、 森林資源が豊かである。 その森林資源を有効に利活用することで地域を活性化しようとする政策の一つが 「やまがた森林ノミクス推進条例」 であり、 森林資源の活用により地域活性化を図る施策の一つに 「林工連携の推進」 がある。 令和5年10月15日の産経新聞に 「間伐材原料とした木の酒造りが来冬にも生産」という記事がでていた。 林工連携による「木の酒」を地域振興に生かしたいと考えていたが遅れを取ってしまった。 自然環境を生かした地域振興は、 経済の活性化を目指す上でも大事なことである。

 共同主催 : ( 一財 ) 山形県理化学分析センター、 特定非営利活動法人 環境生態工学研究所 (E-TEC) 

 

チラシはコチラから→

美しい環境2403.pdf

【ご案内】緑のふるさとづくりセミナー

 公益財団法人やまがた森林と緑の推進機構では、多くの県民の方々に、森林や緑化に関心を持ってもらうための講習会や研修会を実施しています。下記の日程でセミナーが開催されます。

令和5年度緑と森づくり支援事業研修会「緑のふるさとづくりセミナー」

日 時 令和6年2月28日(水) 13:30~15:30

場 所 山形ビッグウイング 4階 中会議室

内 容

【第1部】  講 演 森林環境教育 はじめの一歩  

講 師 鳥屋尾 健 氏(公益財団法人キープ協会)

【第2部】緑のふるさとづくり事例紹介

【第3部】助成事業ガイダンス

 

参加方法 チラシ裏面の参加申込書に記入の上、FAXまたはメールでお申込みください。

緑のふるさとづくりセミナー.pdf

主 催 公益財団法人やまがた森林と緑の推進機構

後 援 山形県、山形新聞・山形放送、山形県森林インストラクター会、美しい山形・最上川フォーラム

お問い合わせ (電話) 023-688-6633

【ご案内】第5回全国川ごみネットワークオンラインミニセミナー

 全国川ごみネットワークでは、河川環境、川ごみ・海ごみ削減などを共に学び、考えるためのオンラインセミナー&意見交換会を開催しています。

 

 第5回は環境ジャーナリストの栗岡理子さんをお招きし、 「マイクロプラスチック汚染はなぜ問題か-人工芝を中心に-」と題したミニセミナー&意見交換会を開催します。  

 

■日 時:2024年2月8日(木)19:30~21:00

■対 象:全国川ごみネットワーク会員、その他(マイクロプラスチック、プラスチック削減、水辺のごみ、環境等に関心のある方)どなたでも

■講 師:栗岡 理子さん(環境ジャーナリスト)      

人工芝の問題を中心に、河川にも溢れているマイクロプラスチックの環境への影響やその対策などについてお話いただく予定です。(未定)。      

※講師のお話40分 + 質疑応答・今後の取組についての意見交換など40分 を予定します。

■参加費:無料

■参加方法:zoomを利用します。(zoomへのオンライン接続に関しては個人でご負担ください)

■定 員:50名(先着順)

■参加申込方法:オンラインフォームより (以下のgoogleフォームをご利用してお申込ください)      https://forms.gle/1ApYcZXh43DPW3Nw7    

〇オンラインフォームが利用できない場合は、(1)氏名、(2)所属(ある方)、(3)連絡先Eメール をご記載の上、「2/8オンラインミニセミナー参加申込」として、以下までEメールでお申込みださい。  

送信先: kawa53*kawagomi.jp (*を半角@に変更ください)

■主催・お問合せ先:全国川ごみネットワーク

 

 

※これまで会員の皆さま中心のオンライン交流会を行っておりましたが、 昨年度よりミニセミナーも加えた情報交換と交流を企画しています。 まだ会員でない方はこれを機会に、ごみの無い美しい川や海をめざす活動を共に推進するよう、できるだけご入会をお願いいたします(賛同会員は年会費無料です)。

※本ミニセミナーは公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受け開催します  

書籍紹介 「〈場〉のちから」

 

 

 令和6年1月1日に発生した能登半島地震で被災された皆さまにお見舞いを申し上げますとともに、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。  

 

 美しい山形・最上川フォーラムでは、今年も課題やニーズをお伺いしながら多世代の皆様と活動をしていきます。  

 

 地域に根差し、活動をする人、場の持つ力と課題を解説しながら、この先を共に考える『〈場〉のちから』がこの度出版されました。 『〈地方〉の思考』に続き、様々な「場」を作り活動されている方々のインタビューと、ヒントとなる書籍も掲載されており、当団体事務局員も紹介をしていただきました。私たちも改めて活動を見直し、アイディアやヒントもいただくきっかけとなりました。  

 

 私たちも、誰かの「場」でいられるよう、小さな声にも耳を傾け、時折立ち止まって空を仰ぎ、風を感じて足元にも目を向けながら動いていきたいと思っております。    

 

 書籍が多くの方に読まれ、どなたかの力となりますように。

第9回全国川ごみサミットの動画が公開されました

 2023年11月18日(土)に、諏訪湖ハイツ(長野県岡谷市)にて 全国川ごみネットワーク、海と日本プロジェクトin 長野、下諏訪町諏訪湖浄化推進連絡協議会が共催し、「第9回川ごみサミットin諏訪湖」を開催しました。 当日の様子をYoutubeで公開します。(2024年3月31日までの期間限定です)  

 

 今回は、『川と海の見えないごみ=マイクロプラスチック=を考える』をテーマに 第1部では、諏訪湖のごみの状況、子どもたちの活動などの発表。 第2部では、徐放性肥料プラスチック、人工芝などのマイクロプラスチックについての問題提起、国土交通省の取組などを発表。 その後、参加者からの質問や意見を中心に、 市民、学識者、行政、プラスチック関連業界団体など様々な立場の方々と共に意見交換をしました。    

https://kawagomi.jp/2023/12/summit9_video/

0:00:00 オープニング 0:00:37 開会 挨拶・趣旨説明       

     下諏訪町諏訪湖浄化推進連絡協議会 会長 長崎圭祐       

     全国川ごみネットワーク 代表理事 金子 博

0:07:53【第1部 諏訪湖ごみ調査 [見えるごみ] ~諏訪湖からの発信 】       

              諏訪湖のごみ調査報告       

              ① 諏訪湖創生ビジョン推進会議  田邊皇子       

              ② 信州大学 大学院修士1年 﨏川岳大 0:28:39  

              子どもたちの発表       

              諏訪市立上諏訪中学校 3学年(映像)       

              下諏訪町立下諏訪南小学校 6年1組       

              岡谷こどもエコクラブ 0:43:44  

              啓発ツールの贈呈 0:46:20  

              総評・コメント 同志社大学 経済学部 准教授 原田禎夫

0:55:50【第2部 川のマイクロプラスチック [見えないごみ] を考える ~全体討議 】      

              問題提起       

              ① 四日市大学 環境情報学部 教授 千葉賢 1:09:52  

              ② 環境ジャーナリスト 栗岡理子

1:26:53 関係者から 国土交通省 河川環境課  阿河一穂

1:37:25 意見交換

2:54:05 まとめ・閉会挨拶      

               全国川ごみネットワーク 副代表理事 佐山公一      

               海と日本プロジェクトin 長野 事務局長 久保善一

※公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施しました

※日本財団が推進する海と日本プロジェクト CHANGE FOR THE BLUEの一環として行われました

【ご案内】第10回美しい地球環境講座

 第10回美しい地球環境講座開催のお知らせ

テーマ:「 条件付き特定外来種に指定されたアメリカザリガニ、 生態系に及ぼす影響と対策 」

日 時:2024 年 1 月13 日 (土)10:00 ~ 11:30

場 所:仙台市戦災復興記念館 (4 階 研修室) 会場 :40名/オンライン:100名

※下記会場対面式とオンライン配信ハイブリット開催 (参加費無料)

参加方法:以下の URLもしくはQRコードの Googleフォームに必要事項を記入しお申込み下さい。

https://forms.gle/pH9GjfsNEVpF9ZDdA

※会場にご来場の方限定で、 希望者には環境活動への参加を証明する 「BEFORE CARD] を配布いたします。 詳細は E-TEC の HP を参照ください。 

講師 : 高橋 清孝 (NPO法人シナイモツゴ郷の会)  

 10 ~ 20 年前はブラックバス対策が主課題でしたが、近年は多くの外来種の侵入と被害が報告され、多様な対策が求められています。水中では、複数の外来種が相互に激しく競争しながら生育しています。今や、単一種の防除では十分な成果を上げることができず、複数種を対象とした総合的防除を検討する段階に入っていると考えられます。シナイモツゴ郷の会ではブラッ クバスとアメリカザリガニの両種を防除しています。主題のアメリカザリガニについては、6 月に条件付特定外来生物に指定され、各地で防除活動が始動しました。アメリカザリガニの防除活動を継続しているため池では様々な生き物がよみがえっています。 全国 15 万個のため池のほんの一部ででも、適切な防除が行われれば、さらに多くの生き物を復元できます。  

講師紹介:1979 から 2012 年まで宮城県水産試験場ほか県内の水産試験場で魚介類の増養殖、資源管理を担当。 2012 から 2022 年まで漁業情報サービスセンター東北出張所で漁海況情報の収集 ・ 提供。1993 年品井沼を模式産地とするシナイモツゴを大崎市里山で再発見。2002 年に結成したシナイモツゴ郷の会にて、ブラックバスとアメリカザリガニを退治しながらシナイモツゴやゼニタナゴが生息するため池を増やし保全している。水産学博士。

 

共同主催 : ( 一財 ) 山形県理化学分析センター、特定非営利活動法人 環境生態工学研究所 (E-TEC)  

 

お問い合わせ:特定非営利活動法人環境生態工学研究所
TEL: 022-293-2281
FAX: 022-349-9574
E-mail: e-tec@world.ocn.ne.jp

詳細はコチラから→

美しい環境2401.pdf